趣味のハンドメイド

直線縫いのみの簡単プリーツマスクの作り方(フィルターポケットつき)

マスク不足の昨今ですが学校のある地域はマスク必須ではないでしょうか?そこでマスクフィルターを内蔵できるプリーツマスクを得意でもないのに作ってみましたが、直線縫いを4回だけなのでけっこう簡単に作れました。

ポケットつきマスクの作り方

布をカットします。

大人標準サイズで縦33cm×幅24cm。

女性用サイズで縦33cm×幅22cm。

ジュニアサイズで縦32cm×幅20cm。

くらいです。

上下を1cmづつを縫います。アイロンをかけておくと縫いやすいです。

上下から3cmほど重なるように折ります。だいたい下1/3くらいの位置が良いです。

そのままひっくりかえします。

ひっくり返したら上から2cm、5.5cm、9cmのところに印を打ちます。

3箇所の印の部分で山折りにしてしっかりアイロンで型をつけます。

山折の部分を持ち上げて次の山に重ならないように蛇腹折りにします。

3段プリーツができました。そのままひっくり返して元の位置に重ねます。

両端を1cmほどの三つ折りにして端を縫います。アイロンでしっかり型をつけると楽です。

できました。

マスク用のゴムが品切れしていたので伸縮性のあるリボンのようなものを買いました。

リボンを通して、長さを調節できるように軽く結びます。

ポケットはティッシュケースのようになっているのでマスク用フィルターをセットできます。

こんな感じでできあがりました。

4箇所を直線で縫うだけなので手縫いでもできます。マスクフィルターが手に入りにくければ不織布シートを手芸屋さんで見てみたり、エアコン用フィルターなどで代用してみてはどうでしょうか。

フィルター内蔵で布マスクのキメの粗さをカバーできたら安心ですね。

これは不織布マスクのノーズワイヤーを取り出してマスクの上部に縫い付けました。こうすれば鼻の部分がよりフィットします。

ポケット状なので出来上がってからでも取り付けられます。

ポケットの一番上にセットして縫いとめるだけです。

手作りでも得意じゃなくても意外と高機能なマスクが手作りできるのでマスクが足りていないご家庭や、学校用に子供さんサイズで作ってあげても良いと思います。

ミシンがなくてもアイロンがあればできます。

動画にもしてみましたのでぜひチェックしてみてください。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
我が家も自宅学習思案中です

ABOUT ME
星子
アラフォーで主婦で二人の娘のママをしています。 趣味はネット、ブログ、手作り、東方神起、と完全インドア派。 本業はずっとビューティー系。 いまは初心者ですがブログに夢中でプロブロガーを目指していたりもします。