ハンドメイド販売

お客になれば分かるハンドメイド品購入の理由

なぜわざわざハンドメイド販売サイトで、人はハンドメイド作品を購入するのか?
ハンドメイド作家でありながら購入者でもある私が買った時になぜその人から買ったのか、なぜその作品を選んだのを購入者目線で振り返ります。

ほとんどの物がどこにでも売っているもの

ハンドメイド販売サイトの作品ジャンルを見ると、アパレル、ファッション小物、布小物、食べ物、食器、などなどたくさんあるわけですが、どれもハンドメイド販売サイトじゃなくてもどこにでも売っている物が多いです。

ではどこにでも売っている物をなぜわざわざハンドメイドサイトから買うのか。

今までハンドメイド販売サイトで購入したもの

アクセサリー

アクセサリーって本当にどこにでも売っていますよね。

大手ショッピングモールとかなら価格も安く種類も豊富、なのになぜわざわざアクセサリー作家さんから買ったのかというと。

たまたま特集に掲載されている作家さんのアクセサリーを見ました。

その作品自体は好みではなかったのですが、画像からかもし出される世界感がなんとなく好みだったのです。なのでその方のギャラリーを見にいきました。きっと自分好みのアクセサリーがありそうな匂い?がしました。

やはりとっても好みの作品があったので購入を決めました。

アクセサリーはパーツの組み合わせで出来上がるのでパーツの1つ1つは見たことのあるものばかりですが、その組み合わせのパターンは本当にたくさんありますよね。その組み合わせ方が絶妙に自分好みだと購入の決め手になります。

なので技術だとかは正直分かりません、ただ好みのセンスだったのと市販のアクセサリーよりちょっとした個性や世界感があったのです。

当然、作家側はお客さん一人一人の好みなど分かるはずもありませんが、自分が発信する世界観に共鳴する人というのは出てくるはずです。 これがファンですね。

このことからギャラリーや画像の雰囲気に統一性を持たせて自分の世界感を出せばその世界感の期待値だけでギャラリーから他の作品も見てくれます。

特にアクセサリーは参入者が多く、商品数が膨大にありすぎるので作品の一つ一つを見て探すのはげんなりするほどの量です。そうなると、なんとなく好きな世界感をかもし出している作品からその方のギャラリーに行って探したほうが早いのです。

子供用の巾着バッグ

子供用の布小物も大型スーパーや手芸屋さんに行けば安く売っています。

ですがなぜハンドメイドサイトから選んだか。

まず大型スーパーですが、安いけれど色鮮やかであまりお洒落なものがありません。

手芸屋さんも学童用品は子供っぽいデザインのものしか見当たりませんでした。

女子で高学年ともなると鮮やかなピンクやキャラクターなどは嫌がるようになってきますのでハンドメイドサイトから探すことにしました。

そうすると子育て経験者さんと思われる方が男の子用、女の子用、と学童用の布小物を販売されていました。上靴入れやレッスンバッグなどです。

探していた巾着バッグもあり、その巾着バックの着画、子供さんにランドセルと一緒に持たせた画像も掲載されていましたのでサイズ感も分かりやすい。

スーパーなどでは見当たらないようなちょっとシックで可愛いデザインや派手派手しくない高学年でも持ちやすいデザインの巾着バッグでした。

しかもスーパーなどで売っているような生地は派手だけど作りはシンプルなものとは違って、生地はシックだけど切り返しや2色使いになっていたり、可愛いタグが小さくついていたり、裏布が可愛かったりと、

地味に凝っているのです。

きっと大量生産であるスーパーの方が安いとは思いますが、ところどころ凝った作りは手作りでするには面倒なはずなので、手間隙とデザインを考えるとお値段は上がりますが高いとまでは感じませんでした。

しかも1年以上毎日ランドセルと一緒に使っていますし、小学生の扱いは雑ですが全くほころびがなく強いです。

こちらの作家さんはリピート決定というくらいのお気に入り作家さんになりました。

和装髪飾り

ある年に子供の習っているダンス教室の発表会で和風の髪飾りが必要になりました。

この時は1回きりの発表会のための髪飾りなのでそんなに高価で豪華なものは必要なかったのですが、実店舗だと着物屋さんなどくらいしか想像がつかなかったので逆に入りずらくハンドメイドサイトから探すことにしました。

家の周りだとほとんど見つけることができない和装飾りですが、ハンドメイドサイトだと種類もボリュームも豊富でした。

本格的なものから手軽なものまで幅広くありますのでこの時は手軽で低価格な物を選んで購入しました。

こういった和装飾りの場合ブライダル用などの華やかで豪華な作品が多いのですが、買いやすい手軽な作品も置かれていたことが助かりました。

買いやすいシンプルなものからイベント用の豪華なものまで品揃えがあると見るお客さんも多くなるということが分かりますね。

購入者になって分かったお客様目線

わざわざハンドメイドサイト買う理由ってその辺では見つけられないからだということが分かりました。その辺では売っていないくらい素敵とかその辺には売っていないくらい個性的ということが重要なだけでなく、逆にそのへんでは見ないような買いやすくてカジュアルという要素でも良いと思います。

あと自分がハンドメイド作家としてハンドメイド販売サイトを利用していますので発想としてすぐにハンドメイドサイトを思いついたと思われます。

なので基本的にハンドメイド販売サイトで購入するお客さんの層として、ハンドメイドをしていて興味がある、またはハンドメイドが好きな方じゃないとハンドメイド販売サイトから探そうという発想になりにくいんじゃないかと思います。

なおかつその辺のお店のほうが可愛くて安かったらわざわざ送料払ってまで買ってくれないと思いますので、その辺では見つけにくいものということが一番大事だと思いました。

<PR>

Creema 公式オンラインストア
ABOUT ME
星子
アラフォーで主婦で二人の娘のママをしています。 趣味はネット、ブログ、手作り、東方神起、と完全インドア派。 本業はずっとビューティー系。 いまは初心者ですがブログに夢中でプロブロガーを目指していたりもします。