スポンサーリンク

追跡って大事。ハンドメイト販売サイトは追跡付きの配送方法がおすすめな訳

ハンドメイド販売サイトでは全て配送サービスを利用してお客様の元に商品を届けると思います。

大きな作品なら各社宅急便を利用すると思いますがアクセサリーや小物など小さな物なら料金の安い普通の定形外郵便を利用しているかたも多いと思います。

私も商品が薄く小さいのでそうしていましたがごく稀ですが郵便の配送トラブルがおこります。

料金的には嬉しいですが値段とリスクのせめぎ合いの中トラブルに備えた私の利用方法をレポします。

スポンサーリンク

郵便物紛失

私の作品は小さくて薄っぺらいので定形外というか定型で送ることができてしまいます。

送料が82円。

安いのでお客様にも負担なく支払っていただきやすいお値段です。

急ぎのお客さんはクリーマならレターパックライト、ミンネならネコポスを利用していただいていますがそれ以外は定型郵便を選ばれます。(たまに定型選んで急いでくださいという人もいますが(・_・;)

お手紙と一緒ですので追跡も保証もありません。

ある日ブライダルのお客様の商品が到着しないというご連絡が!

「まだ着かないんですが大丈夫でしょうか?」

このようなメッセージが発送してから1週間ほどのころに届きました。

遠方、離島ではないので長くても3日もかからないような所へ1週間届いていないと。

あきらかにおかしいので郵便局へ問い合わせました。

そもそも追跡サービスがついていないので各拠点を通過したかは分からず、相手様の市の郵便局や配達員の方に「そういう郵便物はありましたか?」と聞いてもらうくらいのあやふやな調査になります。

そんな一通の封筒いちいち覚えてないですよね。。

調査依頼をすることはできるのですが有効な調査結果を得られるかどうか、それがいつになるかは分からないのです。

いくら追跡サービスがないとはいえ預かったお客様の郵便物を失くすなんて仕事としてどうなんだろうとも思ったのですが、郵便局側からしたら追跡が付いていないのでそもそも本当にそのような郵便物が出されたのか、住所の間違いはないか、本当に先方は受け取っていないのかが分からないのではっきりそんなふうに疑ってはきませんがはっきりわからないので困るようです。

住所に間違いがない場合、私もお客様も悪くないわけですが発送から1週間以内のお申し出に限り破損等の場合の作品補償をしていますので、普通なら破損の証明画像を送っていただきたい所ですが、行方不明ということで証明していただくことができないまま新しいものを送ることにしました。

幸い必要な日までまだ余裕があったので良かったですが、これが作り直して送っている時間がなかったら大変なことです。

すぐに作業に取り掛かり途中まできたころ、お客様から

「届きました〜」

のメッセージが。良かった( ;  ; )本当に良かったし間に合って良かった。

人生で1番輝かしい結婚式という晴れ舞台に選んでいただいたのにイヤな思いをすることがなくて本当に良かった。

ウチから購入してイヤな思い出が残らなくて本当に良かった。

それから1週間くらい経った頃に郵便局からも連絡がきました。

全く違う県まで一度運ばれてからまた戻ってきたということでした。

理由ははっきりしませんが、はみ出たテープなどで郵便物どうしがくっついて全然違う場所へ運ばれるなんていうこともあるらしいです。

このことがどうやって分かったのかは分かりませんが郵便局側はお客様の所へ到着したかは分からないようで、届きましたか?と聞かれました。

追跡がないと郵便局側もほんとうに手がかりが少ないのです。

ちなみにこのようなことが過去に2回ほどおこりました。

たった2回ですが2回もおこったら困ります。

以降の発送方法

お客様は自分で配送方法を選ぶことができると急いでいなければ大抵一番安い発送方法を選びがちです。

普通そうだと思います。

自分に限って郵便物がなくなるなんて思ってもいないものです。

そして私もそう思っていました。

けれどたま〜にニュースなどでやっていますよね、何万通もの郵便物が捨ててあったとか。

配達が面倒だったとか(驚)

滅多にないことだとは思いますがよりによって結婚式に使う予定のものがなくなったら大変です。

そしてたまたま今回のお客様は日にちに余裕がありましたが、ほとんどのお客様はそんなに日にちに余裕をもって購入されません。

むしろ急ぐ方も多いくらいです。

この事件で冷汗をかいた私はここからはブライダル商品、イベント限定商品(ハロウィンやクリスマス)はお値段に送料を含ませ送料無料にして追跡が可能なゆうパケットに変更しました。

ゆうパケットとは

ゆうパケットとは追跡付きで全国一律料金。

厚さ1cm以内なら250円、2cm以内なら300円、3cm以内なら350円でポスト投函で送ることができます。

配達も先方のポストへ到着します。

これが追跡がつく一番安い方法かと思います。

しかも、ゆうパケットの場合、指定の宛名シールを郵便局でまとめてもらっておいて宛名を書き、切手を貼ってポスト投函で発送が完了するので、コンビニへいったり郵便局へいったりという手間が省けてとても便利です。

小さな荷物を送るならゆうパケットが便利です

レターパックライトとの違い

厚さが3cm以内という人はレターパックライトと迷うと思いますが、どう違うかと言うと。

ゆうパケットは陸路便のみということなので同じ地方なら翌日とかに届きますが遠ければ遠いほど日にちがかかるようです。

ちなみにとなりの地方でも翌日に届いていました。

中部から関東とか。関西から中国地方とかなら1〜2日ほどと早いです。

飛行機は乗らないということなので離れた地方や離島とかになるとものすごくかかりそうです。離島だと船に乗るということですね。

レターパックライトは速達便とは違うそうですが今までの経験上ほぼ全て翌日に届いています。

離島へ送った経験はありませんが航空便も利用するということなので遠い場合ゆうパケットよりは早いはずです。

私の場合、急ぎの方はcreemaではレターパックライト、minneではネコポスを選んでもらっています。

ネコポスは宅急便と同じなので離島を除けば基本は翌日着です。

梱包のことを考えるとネコポスは宛名印刷がシールででますし、専用の箱を使わなくても良いので、急ぎの方はネコポスで統一したいのですがクリーマではネコポスの利用ができません。

クリーマさんネコポス契約してほしいです。

追跡サービスは重要

ミンネの場合お客様による受け取り通知ボタンというものがありませんので、わざわざ連絡をくれない限りは発送後、無事に届いたかどうかが分かりません。

連絡をくれるかたもいればくれない方もいらっしゃるので追跡番号を持っていると到着したかどうか調べることができます。

私は日本郵便のアプリをスマホに入れていて、追跡番号を入力したらすぐに追跡できるようにしてあります。

ただ送料のお客様負担が82円と250円はまあまあ違いますのでブライダルや季節限定品以外の作品は送料は作品代にのせず、配送方法を選べるようにしています。

ただ時間のないかたはレターパックかネコポスにしてくださいと注意書きはしています。

そうは言っても注意書きって読んでいない方もたくさんいるのでトラブル防止を考えたら、

追跡はあったほうが絶対に良いです。


自分のオリジナルショップが無料で持てますよ。