ミンネとクリーマどっちが良い?

これからハンドメイド販売サイトを利用するとなったときどのサイトが売れるかな?

どのサイトが良いかなと悩むと思います。

ミンネが良い?クリーマが良い?他にもiichiやtetoteなどもありますね。

私が販売のメインで使っているのがミンネとクリーマなので、使ってみて分かったシステム状の違いではなく実感的に感じる違いをまとめてみます。

スポンサーリンク

お客さんの層の違い

こちらは購入していただくときに年齢を入力してもらう訳ではないのでこちらも私のなんとなくの勘というアテになるかならないか曖昧なものですがミンネとクリーマでは少々年齢層が違うように思います。

おそらくクリーマよりミンネの方がお客様の年齢層が若いように思います。

私の場合ブライダルや成人式といったお客様も多いのでどちらにも重なる層というのももちろんありますが、それ以外の場合何から推察できるかといいますと、名前やメッセージのやり取りなどです。

クリーマのお客様はわりと自分と同じような◯◯子様など同世代かな?と思うような昭和生まれっぽいお名前をよく目にします。

もちろん◯◯子様という平成生まれのかたもいると思いますので断定はできませんが、確率としてはやはり昭和生まれさんが多いのではないでしょうか。

そしてメッセージのやりとりも文面でなんとなくわかります。若いかなというお客様はメッセージに可愛い顔文字が入っていたりします。

もちろんこれも断定はできませんが確率的には初対面の相手に顔文字付きのメッセージを送ったりというのは若い方なのかなと推察しています。

別にこれが悪いとかは全然思っていません!アラフォーの私だとかわいい顔文字を探すのがめんどうでわざわざつけたりしないからです(笑)

比較するとクリーマのほうがミンネより年齢層が高いように思います。

年齢層がちがうとなにが違うか

支払い方法

成人式のときに圧倒的ですが若いお客様は断然クレジットカード払いよりもコンビニ支払いのかたが増えます。

注文と同時にお支払いが完了するクレジットカード払いは作家側としては注文が即決してくれて助かります。

コンビニ払いはオーダーは来ていて在庫は確保されますが支払いが完了しないので、こちらにお支払い通知がくるまで注文が確定しません。

ひどい場合はなんの連絡もなしにそのままお支払いされず注文がキャンセルされる場合もあります。

在庫を確保されたままお支払いをなかなかしていただけないのはこちらとしてはヤキモキしますよね。

いるの?いらないの?どっち?みたいな。

そんな方ばかりではありませんが無言キャンセルができてしまうのが振り込みやコンビニ支払いです。

購入作品の違い

若い層が比較的多いと思われるミンネの場合カラフルな作品や華やかな作品や可愛いい作品が売れます。

これはこれで作る側も楽しいですし嬉しいです。

対してクリーマはカラフルなものはあまり売れず、やはり大人っぽいものやシンプルば作品がよく売れます。

カジュアルな作風や若い方がターゲットの場合まずはミンネからが良いかもしれませんね。

レビューを書いてくれる率が違う

これははっきり違います。

レビューは次のお客さまにつながる重要な生の声となりますが(高評価の場合)

クリーマはミンネの3倍以上はレビューを書いてくれています。

これは取引きのシステム上こうなるのだと思われます。

ミンネの場合作家が商品を発送して取引が終了しますので購入者は作品を受け取ればそこで安心して終わりです。

わざわざレビューを書くためにサイトを開いてもらおうとなると余程の感動が必要そうです。

クリーマの場合は購入者が作品を受け取って受け取り通知を発信して取引が終了となります。

この受け取りボタンを押したときにクリーマがレビューを書くことを即してくれるのでその流れで多くの方がレビューを寄せてくれるのではないかと思われます。

ただこの受け取り通知を押してくれない方もいまして、押してくれなければこちらの売り上げには発送から2週間計上されませんので、発送通知と共に売り上げが計上されるミンネのほうが締め日とかがある方には良いかもしれません。クリーマの場合せっかく月末ギリギリ発送したのに計上は次の月となります。

どちらがよく売れるか?

一番重要で一番知りたい部分かと思いますが。

今のところ私の場合同じくらいです。

どちらもまんべんなく売れるというよりは、先月はミンネがよく売れたのに今月はクリーマばっかりというようにかなり偏りがあります。

経緯で行くと。

初期の頃はミンネの方がよく売れていてクリーマは本当に静かでした。

1年ほど経つと急にクリーマに加速がつき始めて売れるようになってきました。

その後はミンネが多かったり、クリーマが多かったりとバラバラですが、今現在はクリーマの方が取引件数が多くなってきているので、最初からトータルで取引件数は同じくらいになっています。

ですのでこの先は形成逆転でクリーマのほうが件数が上がってくるんじゃないかと思います。

初期のころハンドメイド上級者さんが「私はクリーマのほうが件数が多いです」と言っていたときは「うそ〜」とお気に入りもつきにくいクリーマで売れる気がしなかったものですが、今なら分かります。

レビューのつきやすさや売れた場合の検索のかかりやすさなど影響がありそうです。

助走が長く、売れ始めるまで長いけれど売れだしたらだんだん加速が増すのがクリーマの特徴だと思います。

ちなみにクリーマは新作、品切れ、レビューが入ったときにパソコンページのトップ画面にその作品が紹介されますので、売れてsold outしレビューが入れば都度トップページに露出できます。

そういう積み重ねが販売を加速させてくれるのかもしれませんね。

どっちが良いか

ターゲットの年齢層や販売価格帯などによって選択は変わってくるかと思いますが、

肌感覚として若年層、リーズナブル、カラフルでいくならミンネが良さそうですが、面倒でなければ両方出品するのがオススメです。

どちらもオープンするのにお金はかかりませんので気軽に挑戦しやすいと思います。

どちらも売れます!

ミンネは売れない?ハンドメイド販売サイトで売れない原因
ハンドメイド作品をミンネやクリーマなどの販売サイトで出品してみたものの売れない、、というお悩みはとても多いようですね。 いろいろな活躍...

<PR>