ハンドメイド販売

[ハンドメイド販売]まずは買いやすい作品を用意しておく

あなたがミンネやクリーマなどのハンドメイド販売サイトで自分の作品を販売していて、あまり売れない、またはもっとたくさん売れてほしいと思ったときに見直すべきポイントがあります。それはお客様が買いやすい価格の作品を置いているかということです。
初めてのお客様が買いやすい価格の商品を置くことでお取引き件数が上がりますが、ちょっと工夫が必要です。

初めてのお客さんは不安である

ハンドメイド販売サイトでは初めて購入してくれるお客様も多いです。お客さまからよくいただく意見の中で初めてだから上手く使えるか不安ですというものがあります。とくに私の場合はネイルチップということもあり、ネイルチップ自体を初めて使うという方も多いためアクセサリーや雑貨などに比べ心配な方が多くなるわけですが。そのため上手く使えるか分からないネイルチップの購入にためらう方も多いでしょう。

ネイルチップでなくとも、アクセサリーや雑貨などでもハンドメイドとなるとどのくらいのクオリティーなのだろうかとか作りはしっかりしているのだろうかなど初めて買うところだと多少は思うものでしょう。

また、ネット販売だとお客さまは実物を見ることもできない上にこちらも接客ができないのでさらに購入までの不安があると思います。

買ってみたいという希望を満たす価格帯

すごく良さそうだから初めてだけどこの人から買ってみたいと思ったとき、何か特別な理由がない限りひとまず買いやすい価格帯のものを選んでしまいませんか?買い物で失敗したくないというのもありますし、もし失敗だったとしてもダメージを少なくしたいという心理もあるかと思います。そしてその商品がすごく良かった場合、また購入してもらえますし、誰かへのプレゼントに選んでもらえることもあります。

お客さまの信頼を得られたらその次には価格よりも別の部分が優先されるでしょうし、ブライダルやギフトなど大事な場面で使うものもでも選んでもらえます。

安くするのとは違う

間違えてはいけないのは、利益度外視で安くした物を売るわけではありません。戦略的にセールにしたりというのはありだと思いますが、今回の場合はそのような販売促進的な考え方ではなく、常に置いておきたい作品のことです。

幕内弁当に松竹梅があるようにギャラリー作品にも松竹梅があったほうが良いということです。

安くするのではなく買いやすい価格の物を用意するということです。ハンドメイドってついつい他にはない素敵な作品を作ろうと力んでしまいますが、もっとシンプルなものも求められているということです。

例えば、洋服のデザイナーさんは色合わせや柄合わせなどが楽しいと思うのですが、おそらく売れやすいのは黒だったりグレーだったりベーシックカラーだと思います。まずは無難な色からだと思うのです。

でもシンプルが人気があると言っても誰が作っても良いようなシンプルすぎるデザインはその通り誰が作っても良いものなので売れにくいです。ハンドメイドである必要すらもなくなるからです。

シンプルだけど自分らしい作品というのがミソです。自分らしさを盛り込みすぎると作業や材料も増え、価格も上がってしまうので自分らしさを部分的に取り入れたシンプルな作品を作って価格を抑えてみましょう。あなたのギャラリーにしかないデザインだけれども技術や材料などをいろいろ盛り込みすぎないシンプルな作品です。

安くするのではなく高くならないように作るのです。

リピートのお客様は3パターンいらっしゃる

リピートしてくださるお客さまには3パターンのお客さまがおられます。

1つ目は最初にお出かけ用やブライダルなどの華やかのものを購入してくださって、あとから買いやすい普段使い用のシンプルなものやベーシックなものを選ばれるパターンと、最初にシンプルなものを購入してくださって後からブライダルやお出かけ用の華やかのものを購入してくださるパターンです。

前者はおそらく購入してみたら気に入ってくださったので普段使い用にまた買ってくださったパターン。後者はおそらく本番前に一度試しに買ってみたパターンだと思われます。

そしてもう一つのパターンは買いやすい価格帯のものを幾つも購入してくださるパターンです。おそらく普段使いにいろいろ揃えてくださるパターンだと思われます。

私の場合は事細かなサイズが必要なのでギフトには向きませんが、ギフトに向くものならギフト用には華やかなものを購入してくれそうですね。

まとめ

私自身、最初ははりきって他にはなさそうな手の込んだ作品をつくってみたり、シンプルすぎるベーシックな作品を作ってみたり試行錯誤しましたが、結局よく売れるのは華やかで他にはない作品か買いやすい価格帯だけれどもオリジナリティーがあるものがよく売れます。逆にあまり売れないのは懲りすぎたものとベーシクすぎるものです。平たく言えば変わった作品と定番品は買いにくいということですね。

ビジネスにおいても価格帯を松竹梅用意すると竹が一番よく売れると言いますので分かりやすく3パターンの価格帯を用意してみると、お客さまの必要なシーンに合わせて段階的に購入してくれるかもしれませんね。

もちろん価格の低い作品の取引きはやっていられないというほど忙しければ考えなくても良いと思いますが、お取引き件数をもっと増やしたいなと言う時であればやってみても良いと思います。

こうやって考えるとハンドメイドはビジネスの勉強も必要ですね


自分のオリジナルショップが無料で持てますよ。

ABOUT ME
星子
アラフォーで主婦で二人の娘のママをしています。 趣味はネット、ブログ、手作り、東方神起、と完全インドア派。 本業はずっとビューティー系。 いまは初心者ですがブログに夢中でプロブロガーを目指していたりもします。