スポンサーリンク

ハンドメイド販売でみんなやっているけど私があえて省いている事必要ないと思うこと

ハンドメイド販売をミンネやクリーマなどでネット販売しているうえで、他の多くの作家さんはやっているかもしれないけれど、自分はあえてやっていない事がいくつかあります。 やらない方が良いと判断したものもあれば必要がないと思ったもの、やった方が良いかもしれないけれど今まで問題がなかったものなどいろいろあります。

スポンサーリンク

複数回の連絡をしていません

顔が見えないお客様なのでメッセージでのやりとりでコミュニケーションを取ることは重要なことです。ここで丁寧な対応ができればお客様も安心します。

ですが、丁寧な作家さんは発送後のサイトからの自動連絡以外にもメッセージにて発送の連絡をくれるかたが多いです。すごく丁寧で良いことだと思いますが私はこの連絡をしていません。

最初にご注文いただいたときに必ずメッセージ機能から連絡をするのですがそのときに必ず発送予定日時をお知らせしています。そしてその発送予定日時に発送をしたら発送完了ボタンを押します。そうするとサイト運営のほうから発送完了のメールとともに、

「ご注文いただきました作品の発送が完了いたしました。この度は、作品をご注文いただき誠にありがとうございます。作品がお手元に届くまで今しばらくお待ち下さい。」とこのような丁寧なメッセージが添えられます。

私はもうこれで良しとしていて他にメッセージなどは送っていません。送ったほうがより丁寧で親切だとは思いますが今のところ商品の到着後も到着の連絡とともに喜びのメッセージや評価をいただいたりするので、それで良しと思っています。

ちなみに配送の追跡番号を知らせた方がよいのでは?とも思うのですが、追跡付きの配送はほとんどが翌日着で今まで問題があったこともなかったので特にお知らせもしていません。配送先が籬島や海外など日にちがかかる場合は知らせたほうが安心してもらえそうですね。

手書きメッセージは書いていません

この手書きメッセージの同封もやっておられる作家さんも多いですね。できるならやった方が素敵だと思います。ですが私はしていません。。

やった方が絶対に素敵で丁寧な作家だということは分かっているのですが、手書きのメッセージはあったら素敵ですがなくても嫌な気分にはさせません。

印刷にはなりますが取り扱い説明書は同封しています。苦肉の策として作品の梱包にマスキングテープを使うのですがそこにペンで「Many Thanks」とだけいれています。手書きはこれだけです。

納品書は入れていません

納品書も大抵の作家さんは入れていますね。ですが私はいれていません。

私のところから購入してくださるお客様はほとんどが1点か2点のご注文でそれ以上になることがほとんどありません。届いた商品をパッと見ただけで間違いがあるかないかは分かりますので納品書は入れていません。購入品が複数になる場合は確認できるようにあったほうが良いとは思いますが、もらって役に立つとしたら領収証のほうが良いかもしれません。領収証の希望は説明欄で聞いておいても良さそうです。

書類をPP袋に入れていません

ほとんどの通販商品やハンドメイド作品は書類もきちんとPP袋に入っています。おそらく雨などの水濡れから守るためだと思います。

私の場合作品はPP袋に入れ、さらにプチプチで巻くので水濡れの心配はありませんが取説はそのまま折りたたんでいれています。作品の全てがポスト投函のため雨にさらされるということがないと予想されるからです。

例えば普通に便箋で誰かに手紙を書いて普通郵便で送る場合、手紙をわざわざPP袋に入れる人は少ないのではないでしょうか。 ということは基本的に郵便局の方は配達物を水濡れから守りながら配達してくれていると信じています。あと自分に届いた郵便物が雨でべちゃべちゃだったこともないです。

もしかしたら水たまりに落とすかも、もしかしたら吹き荒れる台風の中での配達で濡れるかもと念のためにPP袋で守った方が良いかもしれませんが、いまの所梱包に関しても評価いただくことが多いのでこのままでいる予定です。

できればやった方が良いと思う

ハンドメイドはとにかく手間暇がかかる仕事です。作品ができあがっても梱包、発送もそれなりの作業となりますので少しでも効率をあげたいのです。

また配送料もできるだけ小さくしてお客様の負担を減らすほうが良いのではないかと思っていますのでいろいろと同封してしまうと送料が上がってしまうのです。(私の場合)

そして一番大事なのは購入していただいた作品で喜んでもらうことだと思っています。ですのでどんなに丁寧で素敵な演出をしても作品がイマイチだと喜ばれません。作品で喜びの声をいただくとこれで良いんだなと自信につながりますのでその他の労力はかけなくても気にならなくなります。もちろんだからといって汚い梱包などは論外ですが。

でも余力があれば丁寧にこしたことはないと思います。

<PR>