動画見放題サービスTSUTAYA-TVの特徴、子供と試して分かったこと

子供達があまりに暇を待て余し殺伐としてきたときにとうとう

動画配信サービス=ビデオオンデマンドというものに手を出しました。

今回お試ししてみたツタヤTVのメリット・デメリット、知っておいたほうが良いところなど色々と発見することができました。

スポンサーリンク

・ビデオオンデマンドとは

自宅でテレビやパソコン、スマホなどのインターネットを利用して映画などの映像を配信してもらうことでレンタルできるシステムのことをビデオオンデマンドと言うそうな。

なんとなく知っているような、だけど良く知らなかった名前「ビデオオンデマンド」

VODと略したりもするようです。

良く知らない人でもアマゾンプライムビデオとかTSUTAYA TVとかGyao!とかなら聞いたことあるのではないでしょうか。

他にもたっくさんあるのですがそれぞれに特徴があったり、システムをちゃんと理解するのにやたら時間がかかった星子ですのでビデオオンデマンド体験がどんなものかをまとめたいと思います。

TSUTAYA TVの無料お試し30日間に申し込みしてみた

・なぜツタヤTVだったかというと我が家のテレビから申し込むことができ、他にチューナーや配線が必要なかったということと、殺伐とした子供達に元気を与えるにはディズニーでしょ!と思いディズニー映画をすぐに見つけられたからというのが大きな理由です。

30日は無料ですがそれを過ぎれば月額は933円(税抜き)

取り扱いタイトルは49,752本

HD画質の選択可能

ダウンロードしてスマホやタブレットでオフラインで視聴も可能

他社と比べたときに、大きな違いは格安ではないけれどHD画質を選べば画質がとても綺麗だということとディズニー映画が豊富だということが我が家的にはメリットでした。

・最初は理解しにくいTSUTAYA TV

動画見放題なのにレンタル料が書かれている謎

どの映画を観ようかなと見たい映画を選ぶとほとんどの見たい作品にはレンタル料が表示されています。

???

見放題じゃないの?と思いますが、

動画見放題と言っても全て見放題なワケではなく動画見放題のカテゴリーの中の作品のみが見放題ということなのです。

ここを勘違いしてしまうとイラっとするのですが

新作や旧作でもディズニー映画、ピクサー映画はほとんど有料です。

結局見たい映画に限って有料なのか。。

と最初は思ったのですが、

で・す・が

TSUTAYA TVは契約すると毎月1080ポイントの動画視聴ポイントが付与されます。

新作映画をHD画像で視聴するとなると1本540円かかりますので、毎月最低でも2本は新作映画をポイントを使って無料で見られるということになります。

なるほどー!

2本見られれば満足です。

3本見たいなら次のポイント付与を待ちます。

またはTポイントを使うこともできるのでTポイントを余らせていたらここで使うのもアリだと思います。

ちなみに金額は作品によって違います。

最高で1タイトル540円だと思われます。

ドラマだと300円くらいです。

私のように全部見放題じゃないのー!?

と思ってしまう人いると思うんですよね (いない?)

だけど最低でも2本は有料作品を無料で見られますよ。

ちなみに他社も数社見ましたがどこもだいたい同じで動画見放題カテゴリーじゃないと

結局月額だけでは見られないのです。

動画見放題というコピーが記憶に残るので期待してしまいますがどうやら業界の常識のようです。

動画見放題カテゴリーから選んでいるのにレンタル料が表示される謎

子供には新しめのディズニー映画、「アーロと少年」「インサイドヘッド」を動画視聴ポイントを使って見せました。

この2本は有料作品です。

私はできれば見放題作品でと見放題カテゴリーを探せど探せど見たい作品はレンタル料が表示。。

見放題カテゴリなのになんで!!

と思うこと数日検証しました。

例えばアメリカのドラマで「デスパレートな妻達」←(めっちゃおもしろいです)の場合

1話から23話の全巻パックを見ようと思うと有料なのですが、

1話ずつ借りる分には無料なのです。

私は最初韓国ドラマを探してたのですが韓国ドラマはさらにややこしいことに、全巻パックはもちろん有料なのですが、ショートパックと言って2話づつの配信もありこれも有料。

さらにカーソルをどんどん下げていくと1話ずつというのが出てきます。

この1話づつのレンタルが無料だったのです。

これに気がつくのにものすごく時間がかかりました。

見放題は1話づつ借りてくださいということなのです。

借りに出かけるわけでもなく、行ったのにレンタル中でない!ということもないのでオンデマンドなら1話ずつでも全然面倒ではないので良いのですがちょっとこのシステムを理解するのが難しかったです。。

主婦ならハマる、デス妻。。

・TSUTAYADISCASも試してみた

TSUTAYADISCASとはTSUTAYAの定額制の宅配レンタルサービスで、こちらも一緒に30日のお試しができます。

月額1865円で新作が8枚借りられ、旧作なら借り放題なのです。

2枚1組で送られてきて返却したらまた次が来るというシステムです。

新作もOKなので私が見たかった新作の韓国ドラマはこちらで借りました。

動画配信のようにテンポ良くは進みませんが有料作品でも8作みられるのでドラマ好きな人には良いですね。

ちなみにこのまま30日間の無料お試し期間がすぎると動画見放題と定額レンタルの両方の月額2417円がかかるのでお試し期間終了までに続けるのか、プランをどうするのか決めたほうが良いです。



ツタヤTVのメリット・デメリット

結局価格も様々、コンテンツも様々、仕様も様々なのでどこが一番良いかというと、

家族の見たいコンテンツが多いところが一番良いのだと思います。

トータル本数は内容によるのであまり関係がないような気がします。

まったく興味のないシリーズが大量にあってもほとんど見ないだけなので、ある程度家族の好きなジャンルが揃っているところが良いのかなと思います。

dtvは月額が500円なうえライブなどの音楽コンテンツが多く、他社だと有料の韓国ドラマなども月額で見られるのでかなり私には魅力的なのですがディズニーが見当たらない。。

そしてTSUTAYAのHD画質を見た後だとかなり画質が気になりました。

500円だしといえばそうなのですが。

私だけならdtvだったかもしれませんが子供の分もカバーとなるとディズニーははずせないところです。

TUTAYATVの良かったところはHD画質がテレビの大画面でも本当にキレイ。

これで見てしまうともう粗い画像は気になってしまいました。

そしてテレビのメーカーにもよると思うのですがパソコンにつないだりしなくともテレビのリモコン操作だけで見られるというところ。

スマホやタブレットにダウンロードもできるのでオフラインでも楽しめます。

何かの待ち時間の時とか良いですよ。もちろんイヤホンして。

有料コンテンツでも2本は無料でみられるところも大きいです。

最後にデメリットは?

アマゾンプライムビデオやdTVにくらべるとものすごく安いというわけではないところでしょうか。

我が家にずっとビデオオンデマンドの導入を考えていました。 私的には見たい韓流があるdTVが候補だったのですが、はたと気がつけば夫がアマゾンプライム会員だったのですでに我が家やはアマゾンプライムビデオが見られるということに気がつきました。 Amazonプライム会員は月額400円。 たった400円なのでさほど動画見放題に期...

どこも似たり寄ったりかなと思い値段だけで選んでしまわずに他社のサービスもお試ししながら選ん方が良いと思います。

誰が主に見るのかによっても変わりますし、それぞれ品揃えのジャンルに得意分野があったり、視聴方法や画質に違いがあったりしますので決してどこも似たり寄ったりではないのです。