スポンサーリンク

主婦がライブに行くのは後ろめたい?主婦のオタ活で心身共に健康増進のススメ

オタ活してますか?いえ、誰かのコンサートに行っていますか?

彼氏や旦那様が良い顔をしない、専業主婦だし罪悪感がある、子供を預けてまで行って良いかと悩むような声も聞かれますが、コンサートへ行くと幸福度が上がり寿命が9年伸びるなんていう研究データもあります。

好きなアーティストのコンサートで幸福度がアップするなら高いチケット代も安く感じ、明日からの家事子育て、仕事への活力になります。

なぜ人はコンサートへ行った方が良いのか絶賛7年間オタ活中の星子がレポします。

好きなアーティストのライブに行くのは本当に幸せな気持ちになるし、明日への活力になるんです。

スポンサーリンク

コンサートに行く人行かない人の違い

ママ友の中には2種類います。

ミーハー度数0%。

おいしいいものやお酒は好きだけど芸能人なんて一切興味なし。

チケット代は高いからもったいない、コンサートのチケットなんて売ったほうがお金になりそう。というチケットもったいない派。

ミーハー度数60%〜90%

好きなアイドルやアーティストのコンサートは毎年必ず行く、または誘われれば行く。 好きなアイドルやアーティストのコンサートは行きたいけれど、専業主婦だし子育て中だし我慢していて行かない。  

ミーハー度数100%

ファンクラブは当たり前。 この音源ストリーミングのご時世でも発売されたCDは必ず買うし、グッズも買う。 コンサートツアーは何箇所も回る。  

ようはコンサートに行く人と行かない人で2種類に分かれます。  

ちなみに私はただいまミーハー度数80~90%くらいのところにいると思います。  

コンサートに行く人と行かない人の違いってまず好きなアーティストやアイドルなどの推しがいるかいないかが大きいとは思いますが、行かない人というのは推しがいても行きません。 テレビで見たりするだけで満足したり我慢したりしています。 行けたら行きたいけれどチケット代がもったいないし、専業主婦だから後ろめたいとか、子供がいるし、とかで自分が楽しむことを諦めてしまっています。 コンサートに行く人は専業主婦でも、子供がいても、お金がもったいなくても自分が楽しむことを許可しています。

オタ活しているママは心が充実している

オタ活しているママはオタ活しない人から見れば信じられないことに時間とお金を使っているように見えるかもしれませんが、オタ活しているママは楽しそうです。

グッズを買うために並んだり、仲間と地方まで遠征したり、家でライブDVDを見たりして家事や仕事以外でも趣味で忙しく充実しているのです。

時間とお金を使いますがやってみてその楽しさを知るとそれが無駄という感覚は全くなくなりました。むしろ人生の必要経費くらいの感覚です。

もし、推しをテレビを見たりCDを買ったりして楽しんでいるけれど、コンサートには行っていないと言う方は一度コンサートに行くことをオススメします。

コンサートに行くのとライブDVDはちがう?

全然違います。

何よりもまず生で音楽やパフォーマンスを見たり聞いたりできる臨場感は映像では味わえないスケール感があります。

ライブDVDも客席からは見えなかった部分が見れますし、振り返り的に見られるので買うのですが、ライブ映像はやはりライブを客観的に見ている感じです。楽しんでいるライブ会場を見ていると言えば良いでしょうか。

コンサートやライブは自分も盛り上がりの一員であるという感覚ですし、曲や推しの言葉に笑ったりときには泣けたり感情もとても忙しいのです。

とにかく日常では味わえないワクワクとドキドキに包まれるのです。

実際にコンサートに参加すると健康効果があるらしい

なんと人はコンサートに行くと寿命が延びるという研究結果まであるようです。

ライブ音楽を聴くことで寿命が延びるという研究結果が発表された。
 O2とゴールドスミス・カレッジの非常勤講師で行動科学が専門のパトリック・フェイガンのレポートによると、ライブに20分行くだけで幸福感が約21%も上昇するとのことで、“高レベルの幸福感”と“9年の延命”が直接リンクしていることから、コンサートに行くことで寿命を最低でも9年延ばすことができるという研究結果が出ている。
 また、この研究によると2週間に1度ライブに行く人は“最高レベルの幸福感、充足感、生産性、自尊心”を感じる可能性が高いそうだ。
 夏フェスシーズンが間も無く開幕するが、気分が落ち込んでいるならライブに足を運んでみると効果的かもしれない。フェイガンは、「我々の研究結果とO2の調査を総合すると、2週間に1度ライブに行くという処方箋が10年近くの延命への道を開くかもしれない」と研究結果についてコメントしている。

出典 billboard-japan

心の充実は出費があっても無駄にはならない

コンサートに行くことで最高レベルの幸福感、充足感、生産性、自尊心を感じるなんて無駄どころか人生に必要レベルではないでしょうか?

今回はアーティストのコンサートに限定して書きましたが、好きで幸せな気持ちになるのなら何でも良いと思います。

クラシック音楽でも、歌舞伎でも宝塚歌劇でも、できれば家では味わうことのできない会場へ足を運んで非日常の感動を体感することがポイントかと思います。

確かにエンターテイメントは衣食住ではないですしなくても生きていくことはできますので専業主婦で働いていないからと後ろめたさを感じてしまうというのは分かるのですが、主婦だって当然主婦業をして働いているわけですから衣食住以外のお金を好きなことに使ってもよいはずです。働いていないわけではありません。

もちろん人によって費やせる量は違いますがせめて年に1度行ってみても良いのではないでしょうか?

けっこうハードでもワクワクという原動力だけで普段は出せないエネルギーが出せることに驚きます。そしてまた次のコンサートまでがんばろう!という生産性へと変わりますので結果、費用対効果を感じるほどです。

好きな人、物、グループ、などがある人は是非がんばって会いに行って見てください。

必ず心が元気になります!

眼鏡かけたら世界が変わった。ママになって初めて視力検査をした話
ひょんなきっかけから眼鏡を買うことになり学生以来初めて目の検査をしてもらったら想像以上に目が悪かったのです。そこで眼鏡を初めて購入してかけ...
コンサートで推しの顔をハッキリ見る為に眼鏡買った話↑

<PR>韓流ドラマやKPOPなども豊富↓