スポンサーリンク

アラフォー主婦が楽天Payをメインで使う理由

今、支払いのほとんどを楽天Payにしています。いろいろとスマホ決済は種類があるけれど、なぜ楽天Payなのか、なにが良いのか解説したいと思います。

まず楽天Payは他の多くのスマホ決済型アプリがそうであるようにアプリにクレジットカードを登録するか、お金をチャージするかでアプリ内のバーコードやQRコードで支払いをするというキャッシュレスアプリです。私にとってはクレジットカードがスマホのアプリになったような感覚です。

楽天ペイアプリのダウンロードから登録、初回設定について説明いたします。

スポンサーリンク

もともとポイントは楽天派

世の中いろいろなポイントカードがあると思いますが我が家は基本的に楽天ポイントを貯めています。 

例えば、たまに利用するスーパーで、そのスーパーのポイントのカードの倍率が高かったとしても。たまにしか利用しないスーパーだと、たとえそこのポイントが5倍だとしてもなかなかそのポイントを有効的に使える程はたまらないのです。だったら私はそこで他者クレジットでも楽天で払うわけです。

そうすることによって楽天ポイントがガンガン貯まるわけです。

ですが楽天カードから楽天Payに変えてからは他社ポイントも貯まるようになりました。

普段だとクレジット払いではそこのポイントが付かないスーパーやデパートも、なぜか楽天ペイなら(他ペイでも)ポイントをつけてくれるところが出てきました。要はスマホ決済なら現金払いのような扱いになるのです。

ユーザーのこちらとしては楽天Payに楽天カードを紐付けていますのでクレジット払いと一緒。

なので楽天Payのポイント、楽天カードのポイント、そのお店のポイントの総取りができる訳です。

またお店によっては2%だったり、5%のポイント還元も受けれられたりします。

楽天市場ユーザーかというとそうでもないけれど

それは星子さんあなたが楽天市場ユーザーだからじゃない?って思いました?

実は楽天市場ユーザーではありますがネットショッピング自体はその時々でいろいろな所で買っています。アマゾンだったり楽天だったりヤフーだったり独立サイトだったり。

なので楽天市場で買い物する為に楽天ポイントを貯めているわけではなく、どちらかと言うと飲食店などでよく利用するところでポイントが使えるためにポイントを貯めているのです。

楽天ポイントに絞ってポイントをガンガン貯めると、ときどきミスタードーナツでポイントのみでお茶することができたり、家族でくら寿司でほぼお会計がポイントという状態で食べることができたりします。

4人家族で外食やティータイムって何気にお金かかりますのでこのほぼ支払いなしの外食がとっても嬉しいのです。

楽天キャッシュでできること

楽天Payのなかに楽天キャッシュという機能があります。

簡単に言えばチャージ機能です。紐付けたクレジットカードからチャージすることもできますしあとは楽天銀行、ラクマの売り上げ金からチャージすることができます。

楽天ペイアプリではクレジットカードと楽天銀行からのチャージが可能です。チャージ方法について説明いたします。

このチャージしたところから支払いもできますし、ポイント払いの場合、ポイントの不足分をチャージからポイントとして払うこともできます。

ややこしいですが平たく言えばチャージすればそれが楽天ポイントにもなるということです。

お支払い元の設定、チャージ方法の設定、楽天銀行の登録、ラクマの売上金のチャージ方法、ポイント/キャッシュの設定方法などについて説明いたします。

他にも、チャージしたものは誰か他の人へ送金することもできます。立て替えてもらったお金や割り勘のお金などを小銭を用意することなくぴったりと相手に楽天ペイを通じて送ることができます。

お金を受け取る相手が楽天Payか楽天アカウントを持っていればスマホの連絡先か、その他のSNSを通じて送ることができます。

楽天ペイアプリでは個人間で楽天キャッシュを送りあうことができます楽天キャッシュの送り方や、受け取り方について説明いたします。

まとめ

今はスーパーやコンビニ、デパートなど使える所ならほとんどを楽天Payで支払っています。それもこれも楽天ポイントをガンガン貯めてたまに家族でノー会計で楽な外食をするためです(笑) 今は現金払いはほとんどせずキャッシュレス生活なので、たまにと言ってもけっこう気がつけばポイントが貯まっています。

クレジット生活は使いすぎてしまいそうで不安という場合は、決まった額を銀行からチャージして使えば現金と同じ感覚でキャッシュレスの恩恵が受けられますよ。

子供の習い事のお月謝や保育園の遠足代などもキャッシュレスにならないかなあと毎月銀行で小銭とお札を用意しながら思うのです。




<PR>