ヘルスケア

眼鏡かけたら世界が変わった。ママになって初めて視力検査をした話

ひょんなきっかけから眼鏡を買うことになり学生以来初めて目の検査をしてもらったら想像以上に目が悪かったのです。そこで眼鏡を初めて購入してかけてみたら見える世界が全く違いました。

急に眼鏡が欲しくなった訳

学生時代は左右1.5という視力で何にも困らず、自分は視力が良い人間だと思って何十年も経っていました。

ですがアラフォーになりだんだんと視力落ちているなあとは思っていましたが、自分の身の周りはほとんど問題なく見えていますし、車の免許更新でもクリアしていましたのでとくに問題に感じていませんでした。

ちなみに普通免許でパスできるのは両目で0.7以上、かつ方眼でそれぞれ0.3以上。方眼の視力が0.3未満、もしくは方眼が見えない場合は他眼の視野が左右150度以上で視力が0.7以上。 とのことです。

ところが急に眼鏡が欲しくなったのです。

私のオタ活(ライブ、コンサート)のときに一緒に行った人にちょっと眼鏡を借りてみたらびっくり、遠くの看板の文字がくっきり、遠くの人の顔もはっきりわかるのです。

今まで自分はなんて見えにくい状態を受け入れていたのかと驚きました。

眼鏡があれば推しの顔もはっきり見える!という不純な動機で急に眼鏡が欲しくなったのです。

視力検査をしたら視力が悪くなってた

急に眼鏡が欲しくなったので眼鏡を選び視力検査をしてもらうことに。

普段家にいる分にはほとんど見えているし老化で少し悪くなった程度だろうと思っていました。

何十年ぶりかに視力検査をしてもらったら右0.2+乱視、左0.6でした。びっくり!!  全然眼鏡いるやん。

このくらいの視力って身の回りは全然見えているし徐々に悪くなっているので自分では視力が落ちていることに気がつかないのです。

学生みたいに遠くの黒板を見る生活だと気がつくのかもしれません。

眼鏡をかけたら快適になった

いままで知らなかったけれど人はもっと見えているものなのだと眼鏡をかけたら知りました。

遠くの文字の輪郭もはっきりとして実に快適です。

逆に眼鏡をはずすといかにぼんやりしたまま見ていたかに気がつきました。

ちょっとでも見えにくくなったなら視力検査してみたら意外に悪くなっているものです。

わたしの周りでは30代後半ごろから手元が見えにくい老眼が入ってきたという声も多く聞かれます。

もうさっさと眼鏡かけたほうが快適なので調べてもらうことをおすすめします。

とくにこのブログの読者層であるハンドメイド作家さんは手元の作業が多いと思うので見えにくくなったなと思えば眼鏡かけてみてください。

快適さに止められなくなります。

ブルーライトカットの眼鏡がオススメ

ブルーライトって知っていますか?

近年身の回りに多くなってきたパソコンやスマフォ、ゲームやテレビなどのLEDディスプレイから出ている光の一種で青色光という眼に強い刺激となる光の種類です。

このブルーライトの眼への影響は網膜へのダメージ、眼の疲れ、眼の痛みなどがあると言われ、睡眠への影響もあると言われています。

今このブルーライトをある程度カットするレンズが売っているわけです。

日常的にパソコン、スマホ、ゲームの画面などを長時間眺めてしまう人は、眼が悪くなくてもブルーライトカットの伊達眼鏡で目を守ることもおすすめです。

娘が度なしのブルーライトカット眼鏡を買ったので試しにそれでゲームしたところ、明らかにゲーム後の目の痛みがマシでした。

たまたまかもしれませんが、ゲームの試合に夢中になると1ゲーム後にはカーっと目が痛くなることが多いのですがそれがなかったのです。

私の場合は近視が進んでいたので、運転、映画、ライブなどなど家よりも外でかける機会が多くなりますのでブルーライトカットのレンズは入れませんでした。

私は手元は見えるのでパソコン、ゲームのときは娘のブルーライトカット眼鏡を借りるようにしています。

下の子もしょっちゅうタブレットでYouTubeを見たり、ゲームで遊んだりしているのでキッズ用のブルーカット眼鏡を買おうと思っています。小さい子供の角膜はさらに影響を受けやすそうなので。

現代人はLEDディスプレイを眺める機会が多いので目が良い人も悪い人もブルーカットレンズで網膜を守り目が悪くなるのを防いだほうが良さそうですね。

<PR>

ABOUT ME
星子
アラフォーで主婦で二人の娘のママをしています。 趣味はネット、ブログ、手作り、東方神起、と完全インドア派。 本業はずっとビューティー系。 いまは初心者ですがブログに夢中でプロブロガーを目指していたりもします。