おすすめアイテム

主婦が使うスマホ決済アプリはどれがおすすめ?PayPay 楽天Pay LinePayを比較してみた。

スマホ決済はとても便利です。スマホだけあればコンビニやスーパーなどでさっと決済アプリのバーコードを示したり、QRコードを読み取ったりするだけでお会計ができます。さらにキャッシュレス消費者還元事業(2020年6月まで)でお金が戻ってきたり、ポイントがたまりやすかったりとお得です。

今は◯◯payというのがたくさん出ているのでどのサービスが良いのか、よくちまたで聞くPayPay、楽天Pay、LinePayを比較し大きな違いを調査してみました。

楽天Payを使ってみた

私の日頃のスマホ決済はほとんど楽天payです。

なぜ楽天payにしたのかというと元々全ての引き落とし関係、クレジットのメインカードが楽天カードで楽天ポイントを集めているからです。

楽天カードを持っていたり、楽天ポイントを積極的に貯めている人はポイントがたまりやすい楽天payがおすすめです。

基本はクレジットカードと連携させてクレジットとして使うかチャージしてから使うかです。

お店によっては5%の還元が受けられますよ。

楽天カード以外のクレジットカードも登録できますが楽天カードだとさらに1%還元率が上がります。

チャージ利用したい場合は楽天銀行、ラクマの売上金からできます。

お店で楽天ポイントを使用したい場合にチャージした楽天キャッシュをポイントとして充てることもできます。

楽天payのアプリを利用している人どうしなら、メールやSMSを使って送金も簡単にできます。

友達と割り勘したりグループでお金を集めたりするときにもきっちり現金を用意する必要がなく便利です。

楽天payのデメリットは加盟店がまだまだ少ないところです。

コンビニやスーパー、デパートなどはだいたい使えますが個人店や地方スーパーなどは使えないところも多いです。

https://pay.rakuten.co.jp/

Pay Pay を使ってみた

基本的にはスマホ決済アプリはどれも似たり寄ったりな使い方ですが、pay pay もチャージして支払うかクレジットカードを登録してクレジット機能として使うことができます。

ヤフーカードを持っていたりヤフーショッピングやロハコでよく買い物するならpay pay のポイントもたまりやすいです。

チャージ方法は銀行口座から、コンビニのセブン銀行ATMから、ヤフオクからの売り上げ金、ソフトバンク、Yモバイルの契約からできます。

ヤフーIDがあるかヤフーカードがあると便利ですが、なくても60以上の銀行口座が登録できますし、自分の銀行口座が登録になくてもコンビニのセブンネットのATMからでもチャージできるので誰でも始めやすいですね。

paypay同士の送金も相手の携帯番号やpaypayIDあてに送金できます。

paypayのデメリットはあまり見当たらないですね。

メリットは使えるお店が多く、クレジットカードが使えない小さな個人店でもpaypayだけは使えるというお店が多いです。

https://paypay.ne.jp/

Line Payを使ってみた

主婦ならばラインは90%以上の人が使っているのではないでしょうか。

そのラインから出ているスマホ決済アプリLine Payです。

わざわざ専用のアプリを入れなくても普段使っているラインアプリのウォレットというところから使えます。

チャージして使うのは他社のものとあまり変わりませんが、クレジット機能として使うことができません。

基本的にチャージしてから使うものですね。

ラインペイ最大の特徴は「ラインペイカード」というものが作れることです。

これはラインペイカードという一見クレジットカードのようなチャージ式(プリペイド式)のカードで、JCBカードの代わりとして使えます。JCBの加盟店ならかなり多いのでアプリ決済が出来ないお店でもこちらを使ってLinePayから支払うことができます。

しかもクレジットカードのように発行に年齢や収入などの制限がなく誰でも作れます。これは他の決済サービスと大きく異なるところですね。

そしてラインペイはチャージ方法の種類が豊富です。

・銀行口座・Famiポート・Lineペイカード・QRコード/バーコード・セブン銀行ATM これだけあれば急なチャージにも対応できそうですね。

LINEポイントというLINE PAYでのお支払いに使えるポイントも貯めていくことができます。

デメリットはアプリ間の送金の際はラインのお友達でなければならないところでしょう。仕事関係や学校関係などあまり親しくない人とのお金のやりとりには向きませんね。

逆に親しい友達にはラインのトークルームから送金できるので便利です。

https://pay.line.me/portal/jp/main

それぞれのメリットデメリット

Pay Pay

メリットは加盟店が多いこと。

デメリットは見当たりません。

楽天Pay

メリットはチャージせずクレジット機能で決済可能

デメリットはチャージする場合楽天関連のサービスからしかできない。

加盟店がまだ少ない。

Line Pay

メリットはラインペイカードを発行すればJCBカード加盟店で決済可能。

チャージ方法が豊富。

デメリットはクレジット機能がない。

ラインのお友達でなければアプリ間送金できない。

2つほど決済アプリを入れておけば便利

支払い、送金機能はだいたいどれも似たり寄ったりで使い方はバーコード決済やQRコード読み取り、チャージ決済、送金機能ですが、じっくり細かく見ていくとそれぞれ細かな特色はあります。

それぞれにメリットデメリットがあるので加盟店の多いPayPayとあとどちらか1つ自分にとって便利な方を入れておけば便利でお得なキャッシュレスライフがおくれると思います。

私の周りのママ達はまだまだ使っている人が少ない印象ですが、スーパーでたくさん買い物するのは主婦なので、ポイント還元やクレジットカードとのポイントの2重取りなど積み重なれば大きいです。

現金払いでなければつかないスーパーやデパートのポイントカードもスマホ決済ならOKというところもけっこうあります。

お店のポイント、Payのポイント、クレジット登録ならクレジットのポイント、全て総取りできます。支払うときに勝手にたまっていくので貯める面倒さもありません。 忙しい主婦こそアプリ決済はおすすめです。

一度キャッシュレスライフを始めるとたまの現金払いが嫌になってきます。お得で便利なスマホ決済はおすすめです。

ABOUT ME
星子
アラフォーで主婦で二人の娘のママをしています。 趣味はネット、ブログ、手作り、東方神起、と完全インドア派。 本業はずっとビューティー系。 いまは初心者ですがブログに夢中でプロブロガーを目指していたりもします。