ハンドメイド販売イベントに出店するメリット・デメリット

こんにちは。ハンドメイド販売にハマっている星子です。

ハンドメイド作品を販売サイトに出品していたら、最近流行りのマルシェやハンドメイドマーケット、イベントなどでの出店も考えるようになると思います。

実際にイベントに出店してみて思ったメリットとデメリットについてまとめます。

スポンサーリンク

イベント出店はマイナス営業

まだまだ回数は少ないですが今まで出店したイベントはほとんどがマイナス営業です。

基本的に私の場合は出店にかかる費用に対してその稼ぎは±0かマイナスなのです。

出店にかかる費用は出店料、交通費、または駐車場代、お昼ご飯代これだけならかろうじて

±0かプラス営業くらいなのですが、イベントには多くの作家さん達が参加していますので、

ついつい美味しそうなものをお土産に買ってしまったり、可愛いものを発見したら子供のお土産にと買ってしまうのです。

仕事しに行っているのに結局お金を使ってきてしまうのです笑

これは使ってしまう自分が悪いのですがイベントということで今度いつ会えるかわからない作品を見るとついつい買ってしまうのです。

いつでも買えるわけではないところがポイントです。

その心理をお客様にも感じてもらうためにはネットでも買えますなんて言ってはいけないということですね。

いつでも買えるならもう少し迷おうと思いますからね。

今書いていて気がつきました笑

イベントで儲けを出したい人は向かない

もちろんイベントですごく売り上げている人もいるでしょうが、一部なんじゃないかなあと思います。

小さなイベントは出店料が安いですが人の往来が少ないですし、大きなイベントは来場者が多い分ライバルも多く出店料も高くなります。

どちらにしてもその日の回収は難しいです。

今年のクリーマクラフトパーティーを見に行ってきましたが、すごい出店数と来場者でアクセサリー店だけでも何店舗あるのか、、というほどで見切れないくらいでした。

どの出店者さんも忙しそう!というふうには見えなかったです。

ちなみに食べ物は大人気ですね。

みんなお腹すきますし、おいしいもは見ると食べたくなりますし、小さい子供を満足させることもできます。

そして出店者の人達も外へ買いにいく時間がもったいないのでイベント内で食べ物を調達しますので、食べ物出店が少ない場合はもう一人勝ち状態です。

地元のイベント出店が良い理由

マイナス営業は分かっているのですがそれでも私は地元のイベントには出店するようにしています。

サロンや教室の宣伝には地元のイベント

私の場合はサロン・教室があるのでたとえイベントでさほど売れなくても名刺やチラシを直接渡すことができるだけでも嬉しいのです。

広告費は出店費用より高いので配れる枚数は少なくても直接説明つきで案内が渡せるというのは大きいのです。

手作り作家さんなら教室やワークショップなどの活動をしている方も多いのでこういった活動の宣伝を兼ねるなら宣伝費用だと思って地元の方たちとコミュニケーションをとる大事な機会だと思います。

なぜなら一人でSNSやサイトに活動の案内を地道に載せて世界に発信しても、来られるのは地元の人だけ。

確実に地元の人が見てくれなければ全然意味がないのです。

イベント主催者は地元に知り合いが多い

地域のイベントを主催している団体や主催者の方ってとにかく地元での顔が広いのです。

また地域のためにイベントを取り仕切ったりしているので信頼や人望も厚いのです。

こういうイベントの連絡のやり取りはfacebookを利用することが多いのですが、そうなると必然的に主催者の方とfasebook上のお友達になります。

そうするとわたしのアップした記事をちゃんといいねしてくれたりするのです( ;  ; )

ものすごく顔の広い方なので、このいいねしてくれた記事は無料でかなりの市内のその方の関係者に飛んでいってくれます。

ものすごくありがたいですよね。

facebookも通常なら記事を周辺地域の人に飛ばすのに広告料がかかりますからね。

しかも、広告なら広告と出ますので、ふ〜んとなるでしょうが知り合いから飛んでくれば信頼もされやすいですよね。

出店者さんもお客様

イベントでの売り上げを終わってから見たとき、売り上げの半分は他の出店者さんやその関係者の方だったりします。

一般のお客様に比べてむしろ出店者さんのほうが他のお店に興味があったり、作品への理解が深かったりします。

そのためかブースへ来て買ってくれたりサービスを受けたりしてくれる人の半分はその日一緒に出店している方たちだったりするのです。

しかも暇だったりするとゆっくり話す機会もあるので、いろいろ話しているうちに商品に興味を示してくれたり、名刺交換したり、SNSで紹介してくれたり。

そうするとその方のお客様もお客様になってくれたりします。

こういう風に他の作家さんと知り合いになることで知らなかった他のイベントを紹介してくれたりいろいろなノウハウを教えてくれたり売り上げではないけれどたくさんの情報を得ることができます。

これらは一人でパソコンに向かっているだけでは決して得られない情報や人脈です。

出店そのものは準備や荷物の大きさ、朝の早さや移動の大変さ、売り上げの悪さを考えればやめたくなるのですが、そこで出会える人々と情報、宣伝活動を求めて私は地元のイベントに出すように心がけているのです。

ですので、ワークショップもやっていないし、サイト販売だけでめっちゃ忙しいんですという方は出さないほうが良いと思います。

イベント出店のデメリット

・かかる費用の割に売り上げが少ない

・準備や設営、撤去など体力仕事も必要

・キャンセルしても費用は戻らないことが多い

・荷物や什器、など移動が大変。

・ついつい買い物してしまう

イベント出店のメリット

・チラシや名刺が配れる

・直接説明ができる

・人脈を広げられる

・イベントを通じてSNSなどで紹介してもらえる

・作家仲間と情報交換できる

まとめ

忙しくて出店している暇がないんです!となれば別ですが、基本的には準備が大変でも暇でも売り上げが少なくても、人との出会いが好きですし自分の活動をアピールするチャンスでもあるイベント出店は好きなので出し続けたいです。