フェリシモで初めてつまみ細工基本の会を注文してみた

趣味のハンドメイド探しをしているここ最近。以前からやってみたかったつまみ細工のキットがフェリシモで売っていたので注文してみることにしました。

なんでフェリシモだったかというとレビューが良かったから!

それだけです。

スポンサーリンク

ハンドメイドキットが豊富なcouturier(クチュリエ)

17-04-09-13-38-28-315_photo

カタログをみるだけでもワクワクする豊富な内容なのですが、クチュリエというカタログがハンドメイド専用のカタログなのです。

気になるキットが本当にたくさん。

ざっとあげると、刺繍、クレイフラワー、マニキュアフラワー、マクラメ、ビーズアクセサリー、UVレジン、ソーイング、編み物、手毬、切り絵、つまみ細工、ステンドグラス、羊毛フェルト、ワイヤークラフト、アーティフィシャルフラワー、プラバン、タッセルなどなど、これでもざっくりでさらに和風、洋風やらものすごくジャンルに分かれています。

レベルも初心者から上級まで分かれていたりと本当に種類が豊富。

見ているとあれもこれも気になってやってみたいものが沢山でてきます。

つまみ細工「はじめてさんのきほんののき」の会

17-04-21-15-33-31-891_photo

今回私が探しているのはつまみ細工。

だけどつまみ細工だけでもなんと9種類もコースがあるんです。

見ているだけでわくわくしますがなにぶん全くの初心者でな〜んにも知らないところからなので「きれいに作れるコツが学べるつまみ細工はじめてさんのきほんのき」レッスン会という基本コースにしました。

しかもこの基本コース初回ぶんにはつまみ細工に不可欠なピンセットがついています。

まさに初心者のわたしにはどんな大きさのどんなピンセットを用意すれば良いのか分からないのでこれは本当にありがたいです。

このコース6回1クールの構成になっていて6ヶ月かけてステップアップしていく内容になっています。

6回届けば自動的にストップしますがそれまでに止めたければストップもできます。なんなら1回だけでも良いそうです。

キット内容

17-04-09-13-50-46-504_photo

かわいい袋に入ってキットが届きました。

袋もいちいち可愛くてニクいですね。

私が自分で用意したのは、ものさしとカッティングボードとローラーカッターです。あと、はさみ。

17-04-09-13-51-26-449_photo

カッティングボードとローラーカッターはクチュリエでもオプションで売っていました。

私はローラーカッターを持っていたので注文せずカッティングボードだけ文房具屋で買いました。布切りばさみだけでも十分できますがローラーカッターのほうがキレイに切れるのと、切る作業が楽しいです。

マニュアル、生地、ボンド、ピンセット、厚紙、ペップと必要なものが必要分と少しあまるくらい入っています。

17-04-09-13-52-42-140_photo

こういうのって独学だと材料を買いすぎたり足りなかったりと揃えるのが面倒でやる前に挫折しそうなのですが必要なものはちゃんと仕上がるように揃っているのがキットの良い所ですよね。

さらに綿のカットクロスの束がおまけでついていました。(うれしい〜)

カラーの写真付き説明書は端に穴が開いていてファイルできるようになっているのがこれまた憎いです。

17-04-09-13-53-23-029_photo

整理整頓が苦手な私でもファイルしようという気になります。

かなり分かりやすく丁寧に説明してくれているので見ても分からないということはありません。

平面だと手の動きがどうしても分からないのですがなんと動画まで用意されているのです。

動画のURLにアクセスすれば先生の手の動きを確認することができるのです。

もう絶対に作れないはずがない内容です。

この初回キットは全部で3つのお花が作れる内容になっていて,この3つもきちんとステップアップしていきます。

まず基本を覚えて基本の中ですこしづつステップアップしていく内容です。

まさしく優しい通信レッスンという感じです。

出来上がりと感想

17-04-21-17-15-38-002_photo

決して不器用なほうではありませんが器用というほどでもない私が初めて作ったつまみ細工です。

葉の向きが間違ったし雑な所も少々ありますが初めてでここまでできました。

3つ目はまだ作っていません。1ヶ月あるのでゆっくりいきます。

ちりめんという素材が柔らかくて折り目もつきにくいので難しい部分もあるのですが難しすぎて全然できないというものではありません。針や糸も使わないのでクラフトに近い感じで簡単なものなら誰でもできそうです。誰でもできるなんて言ったらプロに怒られそうですが自己満足程度ならだれでもできそうです。

私自身ネイリストということもあって小さいものや小さい世界が好きなのですごく自分に合っていると思いました。小さい絵は描けますが大きい絵は描けません(不思議)

3つ目を作る前におまけのカットクロスでおさらいのつまみ細工も作ってみました。

17-04-21-17-14-13-138_photo

「きほんのき」でやったことと同じことでこんなにかわいいお花ができちゃいました。

柄付きの綿だとよりカジュアルに仕上がるので子供の髪留めやヘアゴムにできそうです。

基本的なことならこのカットクロスを使って子供といっしょに作って楽しむこともできそうです。

クチュリエはこんな人におすすめ

ハンドメイド好きな私は今まで浅く広くいろいろと試してきましたが、熱っしやすく冷めやすい。

本を買って難しいことにいきなり挑戦しようとする癖があり情報収集だけ夢中になってそこでやる気のピークを迎えてしまうのです。

ひどい時は材料や本を買うだけで満足してしまい結局作らないとか。。

段階を踏もうとしないので難しくてできないのです。ハマる前に飽きていたのです。

今回初めてクチュリエで注文してみたのはつまみ細工の予備知識がなさすぎて独学でできる気がしなかったから。

やってはみたいけど教室に通うほど好きかどうかすら分からなかったから。

ワークショップを調べたら2名様からと書かれていて参加できなかったから。

教室に通ったりするのってもうその楽しさを知っていないとなかなか入れないですよね。

まったくやったこともなければ理想と現実は違うかもしれません。

クチュリエは1度やってみたかったという未経験の人が手を出しやすいお値段設定といつでも止められるという気軽さから始められるので始めるハードルがとても低いです。

材料もキットになって必要なものが届くのであちこちで買い揃えてそれで満足ということにもなりません。

通信レッスンのように基本からステップアップできるので独学でありがちな、いきなり難しいことをしようとして挫折するということにもなりにくいです。

まとめると

・やってみたいけど好きになれるかどうか分からない

・続くかどうか分からないので習いに行くのは躊躇する

・いきなり大きな投資はしたくない

・簡単なことから始めたい。

・飽きっぽいから続くかどうか分からない。

このように何かを始めたいけれどいろいろと余計な不安が付きまとうという方にはかなり始めやすいと思います。

やってみてハマったら本格的に習ったり専門書を買ったりすれば良いと思います。

まとめ

いままでハンドメイドは習うか独学でしかやったことがなく、通信講座的なものは初めて挑戦しましたが、挑戦というほど大げさものではありません。

毎月届くキットで練習しましょうという気軽さです。

いつもの癖ですでに難しいことに挑戦したい気分ですがいつものように情報を集めるだけで挫折しそうです。

それでも来月にはクチュリエの次のコースが届くので着実に基本からステップアップできるように挫折心も軌道修正できそうです。

今のところストップしたいという気持ちはなく次が届くのが楽しみです。

フェリシモ「コレクション」

リンクシェア レビュー・アフィリエイト